50歳から花開く人、50歳で止まる人

yamashitatekk@gmail.com
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

『遊ぶように生きる』

てっくん
てっくん

こんにちは、いつもブログを読んでいただきありがとうございます!今回ご紹介するおすすめの本は『50歳から花開く人、50歳で止まる人 著:有川 真由美』です!

created by Rinker
¥1,485 (2024/04/21 05:15:29時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

50歳から花開く人、50歳で止まる人のご紹介

簡単なあらすじ

この本は、50代になり人生の後半に差し掛かった方向けに書いてある本です。人生後半を生きていく上で、より今よりも成長していく人、逆にその場で止まってしまったり衰退していったりしてしまう人、様々な人がいます。

どのような人が成長していき、どのような人が止まってしまうのか?第1章から第5章にかけて、とても詳しく書かれています。

また、この本は50代向けに書かれてはいるものの、身内や仕事場に50代に近い方がいらっしゃたりすれば、その方たちとのコミュニケーションをどうすればよいかもしっかり学べるため、どの世代の方が読まれてもためになる内容となっています。

くーちゃん
くーちゃん

この本を読めば、人は何歳になっても成長できるということが実感できるよ!50代の方もその世代でない方も、すごくためになる本だよ!

50歳からは「自分優先」で生きていく

第1章では、50歳からは「自分優先」で生きていくというテーマで書かれています。作者が周りの人に「人生の後半は、どんなふうに働きたい?」と周りの人に聞いたそうです。すると、半分以上の人は「働きたくない」と答えたとのことです。

それに対して、仕事を自分がやりたいからやっているという人たちは、働くことや成果を出すこと、人に喜んでもらうことが楽しくてたまらないため、「体力が続く限り働きたい」といわれるそうです。

長年、組織の中でまじめに働いてきた人ほど仕事から離れたい気持ちが強いとのことです。年を取ると、冒険をせず、安全な道、ラクな道を行こうとします。しかし、ラクな道を選ぶと自分を生かせず不満ばかりの人生になってしまうのです。

そのため、人生や働くことに対するイメージを、「ラクなほう」ではなく「楽しいほう」を選ぶことで自分の心と体にいい影響を及ぼし、なによりも毎日が楽しくなります。

てっくん
てっくん

私たちは仕事の際に、すごく他人を気にしたり、自分を押し殺しながら働くことが多いよね。人生でも何事も楽しいことをイメージしながら過ごすのが大切だね!

50歳から上っていく人、下ってしまう人

50歳から花を開く人は、自分の人生を人と比べたり、人と競争したりするのではなく、ひたすら自分の道を進んでいる人です。そして、50歳から仕事で自分だけの道を見つけている人は3つの条件を持っているとのことです。その条件とは

  1. 自分のやりたいことをやっていること
  2. 得意なこと(強み)を生かしていること
  3. 社会から求められ、貢献していること

これらの3つの条件が重なった仕事をしているとのことです。

「やりたいことをやっているから、得意なことになる」「得意なことだから、求められる」「求められるから、やりたくなり、得意になる」というように、3つが関係しあい、どんどん伸ばしていくことができます。

くーちゃん
くーちゃん

「やりたいこと」「得意なこと」「求められること」。この3つを満たしている仕事をすることができたらすごく幸せだよね!これは50代の方に限らず、全世代にも共通することだよね!

「あなたに頼みたい」と言われる人になる

50歳から「気負わず、無理せず、伸び伸びと」仕事をしていくために必要なのは、「あなたにお願いしたい」と言われる人になることです。

70代、80代でも第一線で活躍している人たちは見た目も若く、話していて楽しいです。それは、日常的にさまざまな人とつながり、それに合わせようと考えたり人を喜ばせたりする機会が多いからだと作者は語ります。

人は自分のためにはそれほど頑張れなくても、「あの人が喜んでくれる」と思うと、何倍も頑張れる生き物です。自分で誰かを支えているつもりでも、実は自分が支えられているのです。

生きがいを持つためにも、経済的なゆとりを持つためにも、何らかの役割をもって求められ続けることが、一番堅実な方法です。

てっくん
てっくん

確かに自分の行いで喜んでくれる人がいると、自分もとても良い気持ちになるよね!これこそWINWIN!

created by Rinker
¥1,485 (2024/04/21 05:15:29時点 楽天市場調べ-詳細)

この本を読んだ感想

タイトルが、「50歳から花開く人、50歳で止まる人」とあるように、30代の私は最初この本を読むかどうか悩みました。しかし、私が行っている整体院では、50代の方もたくさんいらっしゃるため、勉強のためにと読んでみることにしました。

結果、30代の私自身にもものすごく響くことがたくさんあって、本当に読んでよかったなと思えた1冊でした。

よく、『もう年だから…』というフレーズを聞くことがありますし、私自身も口にすることがあります。しかし、この本を読むと、年齢なんて関係ない。人間は何歳になっても成長することができるということをひしひしと感じることができました。

人と比べてどうこうではなく、過去の自分自身と比べて成長を感じることができる。これができればすごく幸せな人生を送ることができるのではないかと思います。

50歳から、いや、今ここから花を開かせていきましょう!

心に残る3つのフレーズ

  • 人は「あの人が喜んでくれる」と思うと何倍も頑張れる生き物
  • 人の幸せや健康に最も影響を与えるのは、人とのつながり
  • 「とりあえず、やってみる」人は、根拠のない自信を手に入れる

ブログを読んでいただき、本当にありがとうございました!

created by Rinker
¥1,485 (2024/04/21 05:15:29時点 楽天市場調べ-詳細)
プロフィール
てっくん&くーちゃん
てっくん&くーちゃん
夫(てっくん):整体師 妻(くーちゃん):看護師
長崎県で生活しているアラフォー世代の夫婦です!日頃のおトク活動や、自分の心身のことでお悩みになられている方におススメの本をご紹介するブログを書いています。同世代やいろんな世代の方のお悩みを解決するための足掛かりとなれるよう、有益な情報を随時発信していきますのでどうぞよろしくお願いいたします!
記事URLをコピーしました